軽くやる・力を抜いてやる

力任せ、常に力んだままで練習している人をよく見かけます。

スパーの時だけなら、必死過ぎて力んでしまっているのかなと思うのですが、技術練習や打ち込みの時にも同じようになってしまうと、覚えられないのではないかな?と思っています。

そういう方には、「力まないで軽くやりましょう」と声を掛けたりもするのですが、そうすると「力入れないとなにもできない」という回答だったりただただやられるだけになってしまったり。

凄く表現が難しいので、ここでうまいことが書けるか不安ですが、「軽くやる・力を抜いてやる」について書いてみます。

耐えるだけの練習では意味がない?

スイープされそうになる時、パスをされそうになる時に必死に耐えるだけでは効率のよい練習とは言えないと思っています。

スイープをされた時に耐えたままにスイープされると、その後の体勢・状態が相手に有利な形になってしまうことが多くないですか?
スイープされる時に力を抜き、相手の力に逆らわずにいることで、スイープされたのちに自分がスイープに行く体勢が取れるようになるのではないかなと思います。
ようは、力いっぱい硬直した状態でスイープされるよりも、力を抜いて着地後に自分が先手を取れるような状況を作った方が反撃しやすいということですね。

パスの際も、必死に力で足を抜かれないようにしていると、パスされた後に硬直してしまっているので次のアクションが遅くなってしまうと思います。
パスされそうになったら、ある程度で割り切って腹ばいになってガードへ戻すような動きが出来るとアドバンは与えるけど、ポイントロスはなくなると思います。

もちろん、試合終了直前であれば、力一杯耐える必要もあるかとは思うので、そういう意識の練習もすべきではありますが、帯上とのスパーや試合想定の練習の際だけでよいと思います。
帯下に必死になってても、カッコ悪いですからね(笑

 

絶対柔術