帯制度に新ルール?

先日JBJJFより、帯制度に関してのルール更新がアナウンスされました。

https://www.jbjjf.com/registration/belt/一番の改定としては、IBJJFへの登録に関してだと思います。

第六章 仮認定

過去にIBJJF登録を行ったことのない競技者が、茶帯または黒帯の登録を行う場合、その競技者の帯は仮認定とみなされる。

  1. 下記の場合は仮認定と定める。
    ・初めての登録が黒帯の場合。
    ・初めての登録が茶帯の場合。
    ・紫帯の登録が無い茶帯。
    ・茶帯の登録が無い黒帯。
  2. 仮認定の帯は、認定を受けてから2年間は仮認定期間となる。
  3. 茶帯の仮認定を受ける場合は、黒帯二段以上の指導者からの認定が必要。
  4. 黒帯の仮認定を受ける場合は、黒帯三段以上の指導者からの認定が必要。
  5. 仮認定期間は、団体の変更が認められない。
  6. 仮認定者は団体指導者に登録が認められない。しかし準指導者としての登録は認められる。
  7. 仮認定の黒帯は黒帯認定書の発行が認められない。

私や私の仲間でこれまでIBJJFに登録していなかった黒帯は
1.下記の場合は仮認定と定めの
・初めての登録が黒帯の場合
に該当しています。

私に黒帯認定をしてくれた先生はまだ黒帯二段です。
4.黒帯の仮認定を受ける場合は、黒帯三段以上の指導者からの認定が必要。
に該当してしまい、IBJJFへの登録が出来ないことがわかりました。

これまでIBJJFに登録をしなかった自分が悪いといえばそれまでなのですが、急にルールが変更になって登録が出来なくなるのは、ちょっと残念な話ではないかと思います。

多少なるとも救済措置・救済期間を設けてからルールを移行するというようなことは出来なかったのかなと思っています。

例えば、JBJJFへの登録期間での措置、JBJJF主催・公認大会への出場頻度など、黒帯として国内でどうだったかを基準に救済措置が取れないかなとか思ったりしました。

国内での帯基準としては

第五章 帯の認定条件

茶帯以下の認定は黒帯から認められる。
黒帯の認定は黒帯二段以上から認められる。

この基準をみると、黒帯認定された状態ということにはなります。

絶対柔術