白帯から青帯上がったけど、強くなってるんですか?

以前に強くなったか実感しているか?

強くなったって実感してる?
キャリアを重ねていけば、強くも上手くもなってくるはず。それを実感、体感してますか??

という記事を書きましたが、今回も同様のお悩みをいただいたので似たような内容ですが書こうと思います。

引用:http://www.graciemiami.com/blog/

帯が上がったけど、普段の練習では自分が強いかが実感出来ないそうです。

ハッキリ言ってしまえば、実感出来なくて当然だと思います。

同じ練習仲間と練習しているわけで、昨日まで白帯で今日から青帯になったからと言って、実力に差が出るはずがありません。

逆に元々青帯だったり、更に上帯だった人は、貴方に対しての練習強度を上げてくるから、今まで以上にやられてしまうと思います。

白帯との差を広げた感じはしない、上帯とは差が広がった感じがするという気がしてしまうでしょう。

白帯だって必死に食らいついてやろうと思ってるでしょうし、もしかしたら一番距離の近い青帯なので食ってやろうと思いながら挑んでくるかもしれません。
白帯にとっては、自分が青帯に近いか確認出来る一番の物差しだったりするわけなので、白帯からの当たりが強くなるでしょう。

先に青帯だった人からも同じ帯のライバルとして相手をしてくるはずなので、白帯時代よりも当たりは強くなると思います。
後から上がってきた人に負けたくないという気持ちは誰しもが持つ感情ですよね。

上帯もこれまで受けてあげていた部分を受けないように攻防をするはずなので、必然的にスパーの強度が上がってきます。
そうすると受けてくれて来たものが一切通じないという状況になるでしょう。

昇帯すれば、周りからの対応が変わりますので、これまでと同じようなスパーが出来なくなるという考え方も持っておくと、良いかなと思います。

あと、普段から一緒に練習している仲間なので、手の内を知られているので自分が上達しているのか?強くなっているのか?というのは実感しにくいと思います。

1番は試合に出て、通用するのか?を確認するのがわかりやすいのではないかと思っています。
試合で自分の技術が通じれば、強く・上手くなっているという実感を最短距離でわかるのではないでしょうか?

やはり、私は試合出場推奨派ですね。

絶対柔術