試合前日の準備

柔術の上達具合の確認も兼ねて、試合に申込ました。

そして、いよいよ明日が試合です。

では、試合前日はどのように過ごしたらよいでしょうか?

私の場合の試合前日を書いてみたいと思います。

[toc]

対戦表(トーナメント表)の確認・会場入り時間の確認

これは重要ですね、自分がどのマットで何番目に試合をするかを把握しておかないと当日どこに行けばよいか、わからなくなります。

引用:https://www.jbjjf.com/

基本的スタッフの方がいるので呼び出してくれるのですが、知っておいた方があとどのくらいで試合になるか、準備運動開始のタイミングの目安になります。

引用:https://www.jbjjf.com/

各大会の大会詳細ページに大会開催週の木・金くらいまでにはアップされるので、チェックすることをオススメします。

現時点での体重の確認

私は朝一番に体重を確認します。
それにより、一日のスケジュールを考えるようにします。
あとどのくらいなのか?オーバーなのか?アンダーなのか?確認しています。

一日のスケジュール感と目安の確認だけで、ここからシビアになることはないです。
夕方くらいから、あとどのくらい飲めるとか食べられるとかなどシビアに考えるようにはしています。

練習へ行くか・行かないか

試合前日(主に土曜)にもクラスはあると思います。
それに参加するか、ゆっくり休みながら調整するかを早い段階で決めるようにしています。

試合前に体を動かしておきたいなと思えば、練習に参加します。
練習していた方が精神的に落ち着くので練習することが多いかもしれません。
練習をする場合は怪我には最新の注意を払う必要がありますので、大きい人やちょっと力に頼った柔術をする人とのロールは避けた方がよいと思います。

私はその日の感覚で練習をするかどうかを決めているので、無理に練習をしないといけないというわけではありません。
前日の練習が大きく翌日の試合に影響することは少ないと考えているからです。

体重調整

朝の時点でアンダーをしていれば、調整をする必要もないと思います。
オーバーをしている場合は、日中に食事や水分補給などで更にオーバーしている可能性がありますので、調整が必要です。

私の場合は半身浴がメインとなります。
1~2時間ほど半身浴をすることで1~2kgくらいは落ちるようになっているので、1時間を2セットなど休憩をはさみつつ身体に負担が少ないように調整をしています。

明日へ向けて就寝

試合順などにも左右はされますが、朝集合であれば早めに就寝して翌日に備えるようにするべきと思います。

前日から緊張をしてしまってなかなか眠れないという人もいるようですが、眠れなくとも布団の中でゆっくり休むようにしておくことをオススメします。

極力試合のことは考えずに他のことを考えるようにしましょう。
緊張がさらに緊張を呼んでしまうかもしれないですからね。

絶対柔術