習ったこと、教えてもらったことを否定しない

クラスで先生が教えてくれるテクニックは、ベーシックなものだったり、モダンなものだったり、その時によって変わるかと思います。

たまたま自分が合わないと思っている、出来ないと思っているテクニックだったりもすると思います。

その時でも、上の空で聞くのではなく、普段通りクラスに参加して、しっかり聞きましょう。

引用:https://www.gbmontreal.ca/

そして、出来ないからと諦めずクラスの時間目一杯練習してみましょう。

出来るようになるか否かではなく、【そのテクニックを理解することが出来た】のかという部分が一番大事だと思います。

そのテクニックを理解は出来るけど、身体の硬さなどでうまく出来ないけど、理解しているのでディフェンスとしての対応は出来るようになるはずなんです。

私もベリンボロとか身体が硬いので一切出来ませんが、ある程度テクニックとしては理解をしているので、なにをされたら嫌なのかはわかっているつもりです。

引用:https://www.gbmontreal.ca/

オフェンスとしては活用が出来なくても、ディフェンスとしては必要になってくるので、〇〇とはどのようなことをしているのか、どこを持っているのかなどを理解していくと相手の嫌がる対応が出来るようになってくると思います。

ちなみに私は一番得意なガードをはじめて習った日に、「こんなガード使わねーよ!」って暴言を吐いてたそうです(苦笑

今でも当時を知る仲間にはそこをいじられています(汗

絶対柔術