試合に出てみませんか?

試合に出てみませんか?

趣味で柔術をしているので、ジム・道場で練習していれば、それでOKという方も当然いるかとは思うのですが、私としてはせっかくならば試合に出た方がいいと思っています。

引用:http://www.flograppling.com/

柔術は、【帯】【年齢】【体重】でカテゴリが区分されていますので、自分と同帯・近い年齢(5歳区切り)・近い体重(およそ6kg区切り)の人と試合が出来るのでアダルトに出ない限りは自分とほぼ同条件の方と試合をすることになります。

違いと言えば、所属・キャリアくらいですね。

普段ジムでロールしている仲間は貴方がどんなことをしてくるのかを分かった上でロールするので、やられても当然ですが試合のは相手は貴方の得意を知らないことがほとんどです。

特に白~紫くらいまではそういう相手と戦う方が多いはずなので、なにも臆することなく戦えばよいと思います。

試合までに相手の名前でググってしまうと結構ビビッてしまうことがあるので、事前リサーチはしない方がいいこともあります。
もちろん、どんなガードをしてくるか・どんな戦績なのか、など知っておくとよい情報もありますので、自己責任でお調べください。

試合で失うものは、お金(出場費)とせっかくの休日くらいですが、柔術的に勝っても負けても得るものが果てしなく多い・大きいと思っています。
試合することで得られる経験だったり、悔しさ、喜びは、きっとお金では買えないものです。

負けた時でも、なにがだめだったのか?どうしたらよかったのか?がどんどん見えてくるので、悔しい気持ちが更に柔術へのモチベーションになってくるはずです。

引用:http://btbrasil.livedoor.biz/

勝てば、次も負けたくない、次の帯に上がりたいというモチベーションアップに繋がると思います。

試合に出ない方を否定する気は毛頭ありませんが、試合に出る方は試合結果・内容という強烈な刺激を受けるので、出ない方より強くなる・帯が上がる期間が短くなったりするのではないかなと思っています。

絶対柔術