【試合観戦】第6回東京柔術オープントーナメント

仲間がたくさん出場していたので、第6回東京柔術オープントーナメントを観戦してきました。

光が丘体育館をフルで使うのではなく、レスリングと半分に分けて使用していました。

今回の試合規模であれば、そういう共催のような形も相乗効果があってアマチュア格闘技としては面白いのかなとも思いました。

今回、黒帯の試合が1試合のみでしたが、茶帯になかなか熱い試合が多く見ごたえがありました。

朝から観戦に行っていましたが、階級関係なくアダルトの茶帯や紫帯と試合するのは40代のおじさんにはキツいなと改めて実感しました。。。

私の仲間はどんな結果だったかというと、いつも通りですがよい結果が出た人もいれば、残念な結果にという感じで、私は残念な結果だった仲間へ声をかける方が多かったような気がします。

巴戦で2度負け3位の仲間には、自分も過去にちょっと埼玉の奥まで遠征したのに同じように2度負けて3位になったときの話をして、不貞腐れて体育館のフロントでセコンドに来ていた仲間とコーヒーを飲んでたら表彰をボイコットしてた思い出などを面白おかしく話しました。

同時開催で全日本ノーギも行われていたのですが、予定もあったので柔術のみの観戦で上がらせていただきました。

観戦すると試合に出たいと思いますね。

絶対柔術