一方的にやられてしまうスパーも大事な練習

特に白帯の時にありがち・思いがちかなと言うのが、上の帯や体重が重い人に好き放題やられてしまうスパー。

得意なことが見出せてない、成熟していない状況ではいいようにやらてしまうことが多々あるでしょう。

そこで落ち込んでモチベーションを失っていまうケースあるようです。

引用:http://wbbjj.com/

私はやられることが悪い思いません、やられたらやられただけディフェンス力は必ずつくからです。

それには必ず、なにをされたのか?どうすればいいのか?を考えることが必要です。

やられて腐ってはなにも向上しません、やられて当然と思ってやられて、どうすれば後々に打破出来るかを探しましょう。

そうすれば、同じ帯の同じ体重の人とスパーや試合をした時にきっと対処が出来るようになるはずです。

引用:http://www.thenational.ae/

柔術は年齢、帯、体重で区分けされてますので、階級別に出る限りは、必ず同じ帯の同じ体重の人しか対峙してきません。

そういう考え方も頭に入れておくと気楽に上の帯や体重が重い人とスパー出来ますよね。

Take it easy!

絶対柔術