青帯になるまでは

あくまでも、私の個人的な考え方なので参考程度にご覧ください。

私は格闘技や武道など、未経験で柔術をはじめました。

道場に入会して三ヶ月間くらいは、練習後は毎回チアノーゼってくらい酸欠でフラフラになってました。

特に本当になにもできない状態だったので、諸先輩方にスパータイムになるとチンチンやられてました。

引用:http://jiujitsumag.com/

正直軽く先輩の方に「なんで、加減しないんだよ?!」でムカついてました(笑)

加減をしていたのかもしれないんですけどね(笑)

クラスでは色々なテクニックを教えてくれます。

白帯の時点ではどのガードが好きとか合ってるとか、まったくわからないと思います。

それであれば、白帯の時は思い込みで練習をするのではなく、教えてもらえることを満遍なく取り組んでみた方がいいのかなと思います。

ここで変に偏りが出てしまうと、先々での選択肢が本当に少ないものになってしまうからです。

例えば、今からはじめるとベリンボロだったりのモダン柔術がかっこいいなと見えてしまうかもしれませんが、そこだけを延々と練習するのではなくベーシックなこともきちんと練習しておかないと帯が上がるたびに自分の技の狭さで自分を苦しめることになるかもしれません。

引用:https://www.youtube.com/

入会3週間でベリンボロにチャレンジするようのは素敵なことだと思います!ただ、これだけじゃ先に進むにつれて厳しくなりますよ!ってお話。

今回言いたいのは、これがいい、あれがいいでそれだけに特化してしまうと本来白帯で習得しなくてはいけない技術をすっ飛ばして青帯になってしまう可能性があるというとこです。

やめなければ、延々と続く柔術人生なので、ゆっくり色々なテクニックを試していくべきかなと思っています。

Take it easy!!

絶対柔術