NO IMAGE 柔術上達のコツ

試合後の振る舞いについて

試合が終了して、レフリーが勝者の腕を上げて勝ち名乗りをして、本当の意味で試合が終わるという感じだと思うのですが今回は負けた時に相手が勝ち名乗りを受けてる際の振る舞いについて書いてみたいと思います。
NO IMAGE 柔術上達のコツ

独りよがりな打ち込みは嫌われる?

技術の向上には、もちろん打ち込み(ドリル)を行って、精度を上げていくべきなのですが、打ち込み(ドリル)にはパートナーが必要であって、そのパートナーの練習にもならないといけないと思います。
NO IMAGE 柔術上達のコツ

上の帯にはスパーを頼みにくい?

この間、ジム仲間と食事をしている時に 「上の帯の人にスパーをお願いできない」という話題になりました。
NO IMAGE 柔術上達のコツ

しばらく休みと腰が重くなる?

怪我だったり、仕事の都合だったり、家庭の事情だったりで練習感覚が少し空いてしまうことってありますよね? そうすると、「まぁ今日も練習に行かなくてもいいかな」ってなりませんか?
NO IMAGE 柔術上達のコツ

軽くやる・力を抜いてやる

力任せ、常に力んだままで練習している人をよく見かけます。 スパーの時だけなら、必死過ぎて力んでしまっているのかなと思うのですが、技術練習や打ち込みの時にも同じようになってしまうと、覚えられないのではないかな?と思っています。
NO IMAGE 試合に出てみよう

JBJJF主催大会で団体優勝をするには?

久しぶりの更新です。 先週、全日本マスター柔術選手権が行われました。 個人・団体で入賞・表彰がされていました。
NO IMAGE 柔術上達のコツ

2018年の目標

1年の計は元旦にありということで、私の目標を書いておきます。
NO IMAGE 柔術上達のコツ

1年を振り返ってみましょう

別に私の1年を振り返るのではなく、皆さんがこの1年に立てた目標などが達成できたのか?など、しっかり振り返ることで来年へ向けての目標や計画を立てることが出来るのではないかいうお話です。
NO IMAGE 試合に出てみよう

試合に負ける理由 その2

試合に望むにあたって、最低限やらなければいけない部分 体調管理や調整(練習)不足・怪我の回避など
NO IMAGE 試合に出てみよう

試合に負ける理由 その1

せっかく試合に出たのに、不甲斐ないまま負けてしまう・・・なんてことが何度かあるかと思います。 それって、なにが原因で不甲斐なかったのか?